コンテンツ
ヘッダ

Crystal Rose

私、璃羅(りら)がジュエリーや猫、趣味、SMAP、日々の出来事について綴るページです♪
最近は美しい羽生結弦選手のことも!

コメント・トラックバックは承認制 記事・写真の無断転載禁止

カレンダー

<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

ボディ
メインコンテンツ

記事

タイトル
タイトル
ダ・ヴィンチ・コード
記事本文
今日、観て来ました。平日の一番早い時間帯でしたが、席は8割ほど埋まっていました。さすが話題作ですね。
私は本を読まずに観ましたが、ストーリーは分かりやすいと思いました。末裔が誰なのか、すぐに察しがつきましたし。テレビの特集は見ましたが、あれは隠された謎の部分をクローズアップしたもの。映画は逃亡劇でもあり、車や飛行機を使い、舞台になる場所も国も移動して行く目まぐるしい展開です。
これから観る方もたくさんいらっしゃるでしょうから詳しいストーリーには触れませんが…ラスト、あの場所をつきとめたとき、私は何故かゾワゾワーッと鳥肌が立ってしまったのです!とても不思議な感覚に陥りました。それこそが謎、です。

キリスト教(カトリック)の荘厳な雰囲気は、信者ではない私でも心惹かれるものがあります。神社仏閣は温かい空気の流れを感じるのですが、教会には厳しさを感じます。自分を戒める場所、という印象。どちらも心が洗われるサンクチュアリなのですが。
宗教的にはいろいろと問題がある作品なのでしょうが、私は客観的に映画として楽しみました。

聖書の入門として「マリアのウィンク」〜聖書の名シーン集〜(視覚デザイン研究所編)をお勧めします。聖書の一場面が描かれた名画、それがどんな話が元になり描かれたものなのか?ダヴィンチ・コードほどの謎ではありませんが、あぁ〜なるほどね〜と理解できます。可愛らしいイラストで楽しく説明されていて、何年も前から私の愛読書です。

記事続き
前後の記事
<< ブラウン・ダイヤモンドは… | TOP | 気が利かない夫 >>

Comment

コメント送信

Trackback

右サイドバー1
タイトル

検索

本文


タイトル

プロフィール

本文
タイトル

リンク

本文
タイトル

モバイル

本文
qrcode
タイトル

アザーズ

本文
タイトル

アマゾン

本文
タイトル

アマゾン

本文
タイトル

アマゾン

本文
タイトル

アマゾン

本文
タイトル

アマゾン

本文
タイトル

アマゾン

本文
タイトル

アマゾン

本文
タイトル

フリースペース1

里親募集中
タイトル

フリースペース3

ネット募金
タイトル

フリースペース4

メールはこちらから
フッター
コピーライト
This template is made by CYPHR.  (C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.