コンテンツ
ヘッダ

Crystal Rose

私、璃羅(りら)がジュエリーや猫、趣味、SMAP、日々の出来事について綴るページです♪
最近は美しい羽生結弦選手のことも!

コメント・トラックバックは承認制 記事・写真の無断転載禁止

カレンダー

<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

ボディ
メインコンテンツ

記事

タイトル
タイトル
「凪待ち」
記事本文

香取慎吾主演、白石和彌監督「凪待ち」観てきました。お一人様のおじさまが多かったような。客層がNAKAMAではなかった(笑)。ネタバレあります。

私は慎吾のファンになったきっかけがドラマの「ドク」だったので、まず役者としての彼にハマり、そのあとに彼が所属するSMAPのファンになりました。キャラ物ばかりやらされた時期もありましたが、本当の彼の魅力は、華やかな光に照らされる面に隠れた色濃い影。銀色の血が流れるような酷薄な表情だと思っていました。

 

「凪待ち」でギャンブル依存症の郁男を演じていますが、ああ〜こういう演技ができる人だよね〜と納得しながら鑑賞しました。ギャンブルのスイッチが入ったイッちゃった目、切れて暴力をふるうときの制御不能な大きな体、自分の情けなさに泣く顏。でも、それだけじゃなくて。郁男は亜弓(西田尚美)の内縁の夫で、連れ子の美波(恒松祐里)は難しい年頃にも関わらず郁男に懐いているし、暴力のきっかけも同僚のためだったりする。真弓の遺品からお金を抜き取ったりはするけど、会社の金には手を出していないし。

映画の感想で、郁男はクズだクズだと皆さん言ってたので、どれほどのクズかと思ったらそうでもなかった(笑)。大きくて、もっさりしていて、不器用で、心の底には優しさがゴロゴロ転がっている。仕事だってやればちゃんとできる。憎めない男なのです。亜弓が殺されてギャンブルに狂い堕ちて行って…慎吾がもう、本当にそういう郁男を魂から演じています。

 

川崎から亜弓の故郷・石巻に移る3人。川崎のシーンでは同僚でギャンブル仲間のナベちゃん(宮崎吐夢)、実家のガンを患った漁師の父親・勝美(吉澤健)、近所の小野寺(リリー・フランキー)、美波の父・村上(音尾琢真)など、多彩な登場人物!昔、コワイ人だった勝美さんは津波で妻(亜弓の母)を亡くしていて、奥さんと結婚して、奥さんのおかげでここまでやってこれたという想いを郁男に語るシーンはよかったなぁ。勝美じいさんは昔の自分を見ているようだったのかもね。郁男には亜弓がいなくなってしまったけど、ヤ○ザから助けてくれたとき「俺のせがれだ」と言ってくれました。

 

夫も一緒に観ましたが「最初から最後まで眠くならなかった!慎吾ちゃんのクズっぷりがいいね。こういう役上手い。難しい話じゃないし。何か賞を獲るんじゃない?」と言ってました。物語の背景には東日本大震災があります。エンドロールまで、それが切なく滲み出ています。劇場を変えてロングランが決定したので、まだご覧になっていない方、エンドロールまで、最後まで観てくださいね。

 

記事続き
前後の記事
<< オータムクラシック | TOP | 続きは夜。 >>

Comment

コメント送信

Trackback

右サイドバー1
タイトル

検索

本文


タイトル

プロフィール

本文
タイトル

リンク

本文
タイトル

モバイル

本文
qrcode
タイトル

アザーズ

本文
タイトル

アマゾン

本文
タイトル

アマゾン

本文
タイトル

アマゾン

本文
タイトル

アマゾン

本文
タイトル

アマゾン

本文
タイトル

アマゾン

本文
タイトル

アマゾン

本文
タイトル

アマゾン

本文
タイトル

アマゾン

本文
タイトル

アマゾン

本文
タイトル

アマゾン

本文
タイトル

アマゾン

本文
タイトル

アマゾン

本文
タイトル

アマゾン

本文
タイトル

アマゾン

本文
タイトル

アマゾン

本文
タイトル

アマゾン

本文
タイトル

アマゾン

本文
タイトル

アマゾン

本文
タイトル

アマゾン

本文
タイトル

アマゾン

本文
タイトル

アマゾン

本文
タイトル

フリースペース3

ネット募金
フッター
コピーライト
This template is made by CYPHR.  (C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.